Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

どうしたら普通になるのか?

オペラとは、題材(台本)があり、作曲家がそこに音楽をつけて出来上がります。再現する際、演奏家(指揮者&歌手/合唱&オケ)は楽譜から読み取り解釈し演奏で持って表現します。出来上がった音楽に演出家が演技や舞台セット等を付けて出来上がり。要するに、オペラとはあくまで音楽作品であり、後に演出が加わることで舞台作品になります。ゆえに、オペラはまずは音楽、すなわち歌で表現されるものであり、演技は後から演出が視覚化するために着けるもの。これが基本で、それ以降のことはそれからの話です。今の時代音楽も演出もそれぞれに色々ありますが、オペラとは本来こうした定義なわけです。オペラは音楽であり、オペラ劇場は言わばオペラ用コンサートホール(舞台設備の整った音楽ホール)です。


ところが、日本では真逆です。オペラは芝居で、演技で持って作り表現され、最後に音楽(単に楽譜にあるものを覚えただけで、発声的にいい声であればそれでよしというレベルのもの)を付ければ完成。オペラは芝居であり、オペラ劇場は芝居小屋。これが日本の定義です。なぜかは知りませんが、異常なまでのこだわりです。個人的にはどうしてこうなったのかは本当に理解できません。後で誰かがこういうやり方を無理矢理考えでっちあげ日本に浸透させたのでしょうか?それなら一応理由としては理解できますが、しかしその場合、その誰かがなぜそうしたかったのかが気になるところです。いずれにせよ、結果日本ではオペラは一部の専門家やファンを省けば、極めて気持ち悪い異様なものとされているのは現実です。それも、本来音楽であるものを無理矢理芝居にしているからに他なりません。明らかに不自然で変です。しかしなぜかやっている者たちは周りに耳も目もかせないぐらいにはまってしまっています。今のところ、どう考えてもそれが変わるとも思えないし、謙虚に本物を見つめなおそうという感じは皆無です。


単純に、これってどうしたら普通になるのでしょうか?悲しい現実ですが、一つ確かなのは、このままでは永遠に日本で日本人が本物のオペラをすることはないということです。
なぜこんな普通なことがというのが個人的に思うことです。オペラが音楽ということは、野球でまずピッチャーが投げてバッターが打つというぐらい当たり前な普通のことですが、オペラが芝居というのは無理矢理言えば、野球でまずバッターが打ってピッチャーが走投げて…みたいなはちゃめちゃなことになってしまいます。まず順序が逆ですしできるわけないです。


西洋音楽が日本に伝わりこのように変わってしまったっことは色々あります。オケでも色々あります。しかしこのオペラのそれが一番強烈です。