Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

伝え方

頻繁ではありませんが、たまにコレペティに興味を持って、本格的に勉強したい、なりたい、という方が来られます。これまでにも数人いました。


残念ながらこれまでの数人はコレペティを極めることなく終わってしまっております。これまでは皆ピアノ科出身者であったため、ゆえに皆ピアノを弾くことが主なため、どうしてもピアノを弾くことが主でないコレペティになじめず、というのが大きいです。そして同様に、ピアノを弾くこと以外にすぐ話が発展するため、そこには実は興味なかったり、理解できなかったり。なかなか難しいです。日本ではコレペティトアとはピアニストの一種だと考えられている為、現実を知るとやめてしまう人が多いわけです。


結果は同じだとしても、コレペティとは何か、どういう人種でどういう仕事をするのか、どうやってなるのか、どういう訓練が必要か、これらを最初いかにして伝えるのかは難しい問題です。よくあるのが、興味を持って来る方は、まずはやはりピアノに関することを考え質問して来ます。早い話が伴奏者とごっちゃになっています。確かにその要素もありますが、まず演奏家ではなくトレーナーなので、ピアノ科出身者のイメージとは異なります。その前に、まず日本では伴奏者というものもほとんど理解されておらず、さらには結構下に見られています。もう一つ言うならば、ピアノ科出身でソロではどうにもならないから、次なる手段として伴奏をやり出す、後にコレペティにもつながる、こういうパターンが多いわけです。要するに、純粋に興味を持ち情熱をもって伴奏に取り組んでない者、すなわち伴奏を単なる手段として何とかなるだろうと軽く見ている者が多い、コレペティに興味を持っていると言う者は大半がここから来ます。ゆえに、正しく伝えたり、本物をお教えしても間もなく消えてしまうしかありません。


ともあれ、コレペティについて初心者に伝えるのは難しいことです。結局この裏方の地道な業務に興味持てない人はどうしようもないわけですが、しかし逆にどうやって伝えてどうやって導けば日本で本物のコレペティが出て来るか、個人的には興味深い部分でもあります。何とかならないかなあと思っています。確かなのは、ピアノ科出身者の場合はピアニストであるという枠を出れるかどうか、歌手陣、すなわち人の為に尽くす世話役になれるか、まずその辺ではないかと思います。極論を言えば、やはり指揮者がやればいいということになりますが、近頃はほとんどの指揮者がこういった面倒くさいことをやりたがらない時代なので、ますますいいコレペティトアが生まれなくなってきています。とりあえずは自分だけでも純粋に本質的な部分を忘れずにいたいと思います。