Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

言葉の違いが認識の違い

日本で多くの声楽家がオペラに出演した際、「〇〇役を演じる」と言ったり書いたりする。これが明らかにおかしい。ヨーロッパでは、「〇〇役を歌う」と言うし書く。声楽家は演奏家であり役者ではない、オペラは音楽であり芝居ではない、ただそれだけのことである。しかし日本ではこれが普通なようである。後に多様なことで、日本ではオペラに出演する歌手陣のことをキャストと言う。キャストとは芝居や映画でのい方であるが、ヨーロッパでは歌手、出演、ソリストなどと言う。この辺もまた明らかに違う。言葉に認識の違いがはっきりと表れている。


正直日本のそれはものすごく気持ち悪い。なぜならオペラは演じるものではんく歌う者である。そんなに演じたいのならばオペラをやめて芝居に行くべきである。ヨーロッパではオペラは芝居では全くないどころか、この両ジャンルの接点がほとんどない。同じ大学に声楽科と演劇科があっても、互いの接点は全くないし、お互いがどこで何してるのかも全く知らない。要するにズバリ言うならば、日本には本物のオペラは存在しないということである。残念ながら現実である。