Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

日本にオペラはない

何度も書いていることだが、何をどうしても日本独特の”オペラ=芝居”が気持ち悪くてしょうがない。最近もヨーロッパで、日本で、話の通じる仲間と色々話す機会があったが、確信には至らない。ただ確かなのは、日本では異常なまでにそれが定着&執着されているとうことである。とは言え、色々話して考えて、最近自分なりにいくつか理由というかルーツというか、が分かってきた部分もある。


結論から言うと、日本のその考え方とやり方は明らかに間違っているしでたらめである。ここに色々書くことも、日本のオペラ人からすると面白くない、理解できない、ムカつく、となるのかもしれないが、決して個人感情や自分独自の考えを書いているわけではなく、ヨーロッパの普通をそのまま持ってきている、言わば通訳的なつもりで書いているだけであり、その辺は誤解のないように。話を戻すと、ヨーロッパで学び実践していて自分は、この真逆なまでの日本のオペラではまるっきり通用するわけがない。日本のそれは確かに間違ってはいるしでたらめなことは事実だが、一方では日本人はこういう風にやりたいのだというわけであり、それが大多数を占めている。明らかに少数派の自分らが入り込む余地はなく、むしろ入り込んで変えようとする方がこの国では間違えとされてしまう。実際に日本のオペラ歌手らは、オペラは芝居で演技で作って歌を添えるものと言う風に教育され育ち、そのやり方がいいと思う者が生き残り実践しているわけで、残念ながら我々は単に別ジャンルというわけである。とは言え現実的なことをあえて言うならば、日本はオペラを日本独自のやり方に変えてやっているのは誰が何と言おうと事実なため、はっきり言うと日本には本物のオペラはないということになる。


さて、前記の色々分かって来たその理由を時代順に書いて見る。まず日本で最初にできたオペラ団体、厳密なことは分からないが大体浅草オペラ辺りであろう。これは確かにオペラを使ってはいるが、実際色々な人に聞いて見たところ、名前はオペラではあるが、存在感としては明らかに”芝居小屋”として認識されているようである。ヨーロッパではオペラ劇場は芝居小屋ではなくコンサートホール、もしくはその延長、舞台設備を備えた音楽ホールといった存在感が一般的である。芝居小屋、すなわち演劇劇場は他にちゃんとあり、オペラと演劇は全く別ジャンルである。地方の劇場になると同じ建物でオペラ、演劇バレエと部門が分かれ、入れ代わり立ち代わり同じ箱で上演はする。しかし全く別物である。要するに、日本はこの時点でオペラを芝居、あるいは芝居小屋のジャンルとしてしまっていたと思われる。西洋音楽&文化を取り入れたと言う意味ではその後の文化発展に大きく貢献したことは事実だが、日本風オペラ、すなわちその間違えはすでにここから始まっていたようである。


そしてその時代その辺で活躍した方々がその後日本でのオペラ歌手として日本のオペラ界を構築し、後に二期会や藤原歌劇団等大団体が出来て行ったわけだが、その発想ややり方も当然それに比例して発展していったはずである。そして高度成長の時代を迎えると、オペラブームが到来、ヨーロッパの劇場等の来日公演が盛んに行われた。来日公演が増えたことは確かに素晴らしことだが、しかしそれ以前にすでに芝居化された日本のオペラの発想はある程度定着していたはずである。浅草オペラ時代の歌手らが育てた歌手らがどんどん出て来る時期であるからである。そしてすでに定着してきたその発想で持って来日公演を体感すると、あくまでそのベース(オペラ=芝居)でいるため、目に見える舞台や演技ばかりに気が行ってしまい、一番大事な音楽、さらにはオペラは音楽でできているというところに気づけないわけである。それも仕方ない話で、そもそも西洋音楽の伝統がなく理解が浅く、元々見栄え重視で形から入る性格の日本人は、残念ながらこの時点でオペラが音楽であることに気づけなかったようである。このようにして、日本風オペラはさらなる発展を続けてしまったようである。


そのまま20世紀末まで同じペースで続くわけだが、この頃の日本のオペラ界は専ら日本語上演を行っていた。これもまた大事な要素で、本来言葉と音楽は密接な関係であり、むしろ言葉から音楽ができているわけである。日本語上演な時点で、確かに音楽はほぼ関係なくなってしまっているわけである。ゆえに、前記のやり方な上日本語上演、音楽に気づく理由もなく、また日本語であるがために音楽を作る必要性も限りなく少なく、自動的に演技重視になってしまったというわけである。確かに日本語上演ならその方が分かりやすいであろう。その後新世紀になるにつれて徐々に原語上演が増え、今日では原語上演がかなり増えた。しかしイタリア語に限るかもしれない。特にドイツ語は未だに多くが日本語上演にさえ、フランス語も原語上演は増えつつあるが、そもそも知識経験が浅すぎて未だ対応仕切れず。それ以外の言語はさらにそうである。


このような流れで日本的オペラの位置づけ、すなわちオペラは芝居だとなったわけである。遡れば一番最初の出発からそうであったようであるが、ではなぜ最初がそうなったのか?それが一番の大本の理由かもしれないが、現時点ではそこまで調べ切れていない。一つ確かなのは、日本人がオペラを日本人の都合に合わせた、要するに変えたということである。確かに日本人は目に見える形あるもの、ゆえに見栄えがいいものが好きなのでオペラを芝居にした方が自分たちにとってはいいであろう。目に見えない姿かたちのない音楽の方が興味が薄くなるのは仕方ない。もちろんどんな人種でも外から入って来たものを自分たちに合わせてしまうことは多かれ少なかれあるわけだが、島国日本はそれが異常に強く、またそれゆえに日本人は外に出て外のものに対応するということがものすごく下手な人種である。話を戻すが、その結果本当は音楽なオペラが芝居となり、日本のオペラ歌手らは演じたい人の集団であり、音楽をやりたい人らでは全然ない。やってるつもりな者も実は結構いたりするが、彼らは音楽とは覚えて歌うことだけであったり、酷い場合は声を出すことが音楽だと思っていることもある。声、すなわち発声ができる段階は楽器で言う楽器製作なわけで、音楽を演奏するのはそれからである。本来オペラ歌手はあくまで演奏家であり役者ではない、要するに音楽の専門家であって演技の専門家ではないわけである。もちろん演技はするが、オペラの演技は音楽で作ったものを舞台作品にするために視覚化する後付けである。ゆえに役者がやっている演技とオペラ歌手の演技は全然違う。オペラにはオペラの演技がある。その辺を整理しないとオペラはできない。日本の一般人はよくオペラは不思議とか奇妙とか気持ち悪いとか言う。まずは西洋音楽独特の歌い方というのもあるかもしれないが、やはり日本のオペラ歌手らが無理矢理芝居にしているため不自然になり、それでさらに気持ち悪くしてしまっている。オペラを芝居にするのは全く無理な話である。逆に言えば、日本人は芝居が好きなので、オペラがもし本当に芝居ならば、あるいは芝居としてできるものならば、もっとはるかに日本で大ヒットしているはずである。


このようになったがために、日本のオペラ界では演出家が神様である。指揮者は名前や位置づけこそ一応上とされてはいるが、実際は演出家に比べるとそこまで必要性を認識されていない。本来ヨーロッパではいずれも差がなく2トップ、彼らが機能することでいいオペラになり得るわけである。そしてヨーロッパで歴史的にはどちらかと言えば指揮者が花形的な要素さえある。ゆえにオペラ指揮者とは最高ランクの音楽家と認識されているところがある。ところが、日本では逆で、演出家>指揮者という序列が明らかに見えてる。特に副指揮者や練習ピアニストは、言い方悪いがゴミレベルな扱いを受けることがほとんどである。日本の民間オペラ団体ともなると、音楽面(指揮者、オケ、副指揮者、練習ピアニスト)は地位がなく、特にオケを筆頭に予算削減の対象の筆頭になる。何より演技することが第一で、音楽は一番後回し、残った余力でとされている。ヨーロッパの劇場はむしろ逆で、オケが何よりしっかりしているところがある。さらに、予算がなければ演奏会形式でとなるのはヨーロッパではごく普通のことである。なぜなら、オペラは音楽だからである。オペラはこうして音楽からしっかり作ることで後に演出面も機能するわけであるが、日本は残念ながらその核の部分がごっそり抜けているわけである。


というわけで、日本人の都合に合わせた結果がこの日本風芝居オペラであるが、しかし完全にオリジナルを無視した自己満足である。本場やヨーロッパやオペラを残してくれた作曲家に対する敬意はまず何より必要である。ゆえに日本のオペラ人は世界では通用しないし、結構差別も受けている。本物を目指すか、日本のそれを目指すか、それは個人の好みにもよるし自由だが、やはり自分に合うところ、自分のレベル相応のところに行かないと結局機能しないしどうにもならないのが世の中である。このように色々調べた結果色々分かったのはいいが、残念ながら自分は日本のオペラ界でできることはないということが分かった。実は最近色々片付けていて、残りは限られたものとなった。とりあえずその残りでできることを大事にし、以後は拠点であるヨーロッパでオペラを実践していきたいと思う。日本のオペラ界は自分のようなオペラ指揮者は残念ながら必要とはしていないが、というよりまず指揮者をほとんど必要としていないようであるが、しかし個人レベルでは自分のような者を必要としてくれる人は何人かはいるかもしれない。そういうできる範囲でのことは引き続きやっていきたいと思う。正直自分には日本のやり方は理解できないし対応不能であるし、残念ながら貢献できることはない。野球選手が”いや、野球はサッカーだ”と言って球蹴り出したら誰だって理解不能だしはっきり言って気持ち悪いと思うが、自分にとって”オペラは芝居だ”は正にそれである。これからは、本場のオペラを知りたい、学びたい、実践したい、そんな方がいるならば、自分にできる限りの協力ができればと心から思っている。