Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

何ができるか

近年日本でもコレペティという言葉が知られてきているが、未だに正しい理解はほぼない、というより間違って理解されたり変えられてしまったりしていることが多い。しかしながら、コレペティに興味を持ち、中には本格的に学びたいという者は出てきている。とは言え日本には未だ本物を本格的に学べる環境も機会もない。


自分もこれまでに何人かまじめにコレペティと向き合おうとする者に出会った。実際に教えたり協力したりもしている。とは言え、日本では環境的に限界があるので、試行錯誤の連続でもある。コレペティの中身は伝えられたとしても、ではそれをどう活用して実践につなげるか、これはその次の段階である。以前自分がオペラを振る際、練習時に自分でコレペティをさせてくれとあえてお願いしてやっていたこともある。この時、日本ではコレペティは単にオペラの現場でピアノを弾くだけと思われていることが多い為話が通じず、指揮だけに専念して下さいと言われたこともある。とんでもない勘違いで、単に棒を振りながらではなくピアにを弾きながらなだけでやることは同じなのだが…。これはほんの一例だが、結局のところ日本では学ぶのも実践するのも難しいわけである。そんな中、本場での経験のある我々に何ができるか、要は底である。環境や既にある者を利用することは本物をやろうとすればするほど難しくなり不可能である。ではどうするか…。最近も新たにコレペティは本格的に勉強したいと言う方に出会ったが、その辺を中心に何をどう協力できるかを考えて行きたいと思う。これもまたコレペティトアとしての大事な挑戦だと思う。