Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

謎な現実

何度も書いていることだが、日本のオペラは演技重視、オペラを芝居化させることに全てを費やしている。そしてそれゆえにか、音大という演奏家育成教育機関にいながら、声楽科にてオペラ歌手という演奏家育成目的に課程にいながら、多くの人が演技に走り、中には演出家を目指す者がいる。ここまではこの流れからすると必然であり、確かに声楽科から演出家が誕生するのは必要なことである。しかし、ではなぜ声楽科やオペラを学ぶ者のなかから指揮者が出て来ないのか?オペラは指揮者と演出家が先頭に立って作るもの、それゆえに両方に憧れ目指すも物が出てきてもいいものであるが、指揮者を目指す者は全くいないとは言わないまでもほぼ皆無である。学生時代からなぜそうなのか、相当疑問に思っていた。


以来色々経験し、最近分かったことである。まず日本ではオペラは芝居だと洗脳する為、芝居に興味が持てた者だけが生き残る世界となっているということ。当然音楽に興味のある者は生き残れないので、確かに指揮者になりたい者でそうは出て来ない。むしろ、指揮者に興味を持つほど音楽が分かっている、オペラを理解している者は、日本のオペラ界では生息不能なため、最初はそこにいてもほどほどのタイミングで出て行ってしまう。それから、これは世界中同じことだが、声楽家はソルフェージュ力や読譜力に欠ける者が多いので、可能性的にも確率的にも単純に簡単ではなく、あまり指揮方面に興味を持つことが多くないというのもある。そしてもう一つ、これは最近確信を得たことだが、それゆえに日本のオペラ界は演出家が神様で指揮者は大して必要とされていない為、仮に興味を持ったところで何もできないと言う現実がある。さらには学ぶ環境もない。オペラ指揮を本格的に学ぶにはやはりヨーロッパ留学ということになるが、ヨーロッパで本物のオペラを知り現地のやり方で学び慣れてしまうと、申し訳ないが日本ではやってられなくなってしまう。こういった現実から、日本のオペラの現場からほぼ指揮者が出て来ないと言える。


結果論だが、演出家にあるか、あるいは演技等の方面に何かしら長けている者は、日本のオペラ界ではスター街道まっしぐらである。完全にオペラではなく芝居である。しかしながら、役者の友人によく言われることだが、なぜ日本のオペラ歌手はあんなに演技が下手かと。さらに日本のオペラは奇妙で見持ち悪いと。実は一般人からもよく言われることである。とは言え、日本のオペラ歌手は音楽をそっちのけで演技ばかりをひたすら追求し、演奏家ではなく役者と思ってやっているぐらいである。それでいてこの有様、悲しいとしか言いようがない。


これは日本のオペラ人が謙虚に受け入れねばならない現実だが、オペラの演技と芝居の演技は全く違う。芝居の演技をオペラの演技でやることは不可能である。それを無理矢理そうしようと言うわけであるから、それは不自然、ゆえに気持ち悪くなるのは当然である。そもそも、日本のオペラ歌手は皆オペラの演技のことを「芝居」と言う。全く持ってそれは「芝居」ではない。オペラの演技でしかなく、芝居と言うのは役者がやっているあれである。実は日本のオペラ歌手らは、プロの役者に対してものすごく失礼なことを言ってやっている。オペラ歌手はあくまで演奏家であり役者ではない。後にその要素は入って来るにせよ、あくまでオペラ歌手は演奏家で音楽の専門家である。芝居の専門家ではない。そしてオペラをやる上での演技がをやっているだけである。


これらは物凄く基本的なこと、勉強に例えると小学校低学年レベルの教科書に出てくるようなことである。それがなぜここまで逆に日本では教育、いや洗脳されているのか。ものすごく謎である。普通に純粋に謙虚に音楽としてオペラをやることができない理由が分からない。どう考えても、どう見ても、どうやっても、オペラは音楽であり芝居にはなり得ないのだが。確かに日本人は外から入って来たものを自分達の都合に合わせて変えてしまう傾向が世界的に見ても極めて強い。島国独特である。しかしオペラのそれはさすがに気持ち悪過ぎる。ギャグを言うつもりではないが、あえてひとこと言わせてもらう。駄目だこりゃ!