Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

日本オペラ界の勘違い

日本のオペラ歌手陣は一部の例外を省いて皆とにかく演技をしたがる。明らかにまずは自分がやりたいというわけだが、それだけならば個人の好みなので個人の勝手で済む。しかし問題はその次である。彼らは皆、演技することがお客さんの為だと思っているところがある。確かに数少ない日本のオペラファンはそれをいいと思ってるわけなのでその範囲内であれば正論かもしれない。しかし、日本のオペラファンは滅法少ない。同じクラシックファンでもオペラファンは一番少ないのではないか。例えばオケのファンと比べると圧倒的に少ない。理由は色々あるが、その一つに、オケのファンと当然音楽のファンだが、オペラは音楽とは思えない&感じられないということろがある。それは日本のオペラが強制芝居化されてるからである。本来音楽なはずのオペラがなぜ芝居に…、その時点で純粋な音楽ファンは引いてしまう。逆に言えば、オペラ歌手は演奏家であり役者ではないのに、なぜ音楽を捨てて音楽で無理矢理芝居をしたがるのか。そして演奏家のオペラ歌手は役者ではない=演技の専門家ではない。もちろんオペラには演技があるが、そもそもオペラの演技は芝居のそれとは違う。オペラ歌手は演技だけで役者と同等にはなれないし、オペラにはオペラの動き方が=音楽の中での対応がある。ゆえに、日本のオペラ歌手の強制芝居化オペラは、そのごく一部のオペラファン以外からすると奇妙で気持ち悪いものでしかない。


要するに、オペラで演技を重視するということは、オペラの定義から明らかに外れるどころか、完全なる内輪の自己満足でしかない。そしてお客さんの為を本気で真剣に考えるのであれば、純粋にオペラをやる=音楽重視、これしかない。そのわずかなオペラファンの為も必要ないとは言わないまでも、それ以外、すなわちファン層拡大等を考え行動すべきではないか?ピアノ伴奏、舞台セットもなくリノリウムすら敷いてない舞台、はっきり言って演技する必要がないわけである。そこでも尚音楽を意図的に後回しにして演技ばかりやる、これでお客さんの為と言えるわけがない。確かに身内(家族や友人等近い範囲)だけならそれでいかもしれないが、それではオペラ文化は広がらない。日本でオペラが発展しない理由は、まずは外国語などの異文化的要素がネックになっているというのもあるが、何よりオペラ歌手らのその自己満足こそがその最大の理由と言える。


オペラの強制芝居化=演技重視(音楽後回し)、これこそが日本のオペラ界最大の特徴であるが、しかしこれが一番マイナスであることにほとんど誰も気づいていない。とんでもない勘違いである。決して見下げたり馬鹿にしてるわけではない。ただただ少しでもい方向に向いて欲しいと切に願うから書いてるだけである。