Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

責任

来月都内にてコレペティのマスタークラスを、同じくコレペティトアの友人と共に行う。ちょうど1ヶ月を切ったところで、その友人ともぼちぼちテンションが上がり始めているところである。日本ではまだまだ正しい理解がされていないジャンルであり、それをあえてマスタークラスという形で行う、これにはかなりの責任を感じる。


まだ知られていないことを伝える場合、良くも悪くも第1人者的になって来るわけである。極端な話、2通りある。一つは本物を正確に謙虚に、もう一つは個人感情で自分の都合で。実は後者は世の中意外と結構多いようである。例えば本ネタのコレペティトア、日本では正確に理解されてないだけならまだしも、すでに間違った情報、知識、理解が広まっており、むしろその間違ったものになりかけているようなところがある。現代ではネットを中心に情報は得やすいが、しかしネット上の情報を全てそのまま信じていいのか?ものによると思う。確かに現時点では日本語で読めるネット上のコレペティトアに関するものは数が相当限られているため、確率論的に正確な可能性も残念ながら低いわけである。そういう自分もその一つをここでやっているわけではあるが、信頼性のない情報や出典等に頼らず現地で得た正確な情報を伝えることに特に集中しているつもりである。最低限度の知識と経験で以ってやらないと、たとえどんな出典でも発言でも、それを正確に理解して行うことは不可能である。まだ知られていないことを公に発信する場合、こういったことを認識した上で、決して個人感情ではなく、あくまでヨーロッパの本物のコレペティトアに関することを伝える、ということを第1に考えねばならないし、自分はこのブログでも、実際に指導する時でも、そうしている。


話を戻して、今回のマスタークラス。日本でコレペティのマスタークラスは稀である。自分は数回目だが、それ以外は基本的に聞いたことがないようなレベルである。それだけに、本物を伝える責任を強く感じる。第3者、すなわち専門家ではない知識人等が行う会ならまだしも、実際にコレペティトアとして活動する者がこれをやる、一番信頼性があるべきもの、友人と共に最高な会にできるよう努力したいと思う。