Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

一目瞭然

最近ドイツの某劇場歌手2名に対してコレペティをする機会があった。いずれも若手歌手で、経験値こそそこまでではないが、しかしこれからが楽しみな優秀な人材であった。彼らと一瞬ではあったかもしれないが、コレペティという形で音楽をすることができ、自分にとっても刺激のあるいい経験になった。


ところで、今に始まった問題ではないが、こんな時にいつも思うことがある。いや、改めて考えさせられると言った方がいいであろう。日本の歌手と比べて一目瞭然、即明らかな違いが分かることが一つある。それは、日本の歌手は演技を軸に作ろうとしているのに対して、ヨーロッパの歌手は音楽を軸に作ろうとしていることである。コレペティなので動く必要はないわけだが、それでもテンションが上がって動く歌手は意外に少なくない。例えば、先日の劇場歌手の1人(ソプラノ)もや演技派で、一時軽く動き出した瞬間もあった。日本の歌手にも音楽練習時から派手に動き、自分の演技に音楽を添えるという明らかに演技で作ろうとするタイプが非常に多い。しかし、ヨーロッパの歌手というのは、一部の低レベルを省き、演技はな性格であっても必ずまずは音楽から作ると言うことである。このコレペティで動き出すというのは、演技で作ろうというのではなく、あくまで音楽でやろうとしていることへのプラスアルファ―であり、よりイメージを明確化するための方法の一つに過ぎない。コレペティでのその部分を一瞬見るだけで、日本とヨーロッパ歌手のそういった違いが即理解できる。これはいつどこでやっても毎回感じることである。


今日から東京で来月本番のこもりの練習が開始する。演奏会形式、さらに言うならばガラコンサート的設定であるので、演技ではなく音楽だけで作る企画である。自分が振る限り、やはり自分の経験や能力で以って貢献できなければ意味がない。その為にも、上記のヨーロッパのオーソドックスなやり方をできるだけ伝え実践することで本場の者を伝える、これが日本で自分ができる唯一のことであろう。正直、自分の為だけを考えるならこんなやり方はしなくてもいいのかもしれないが、仲間の為、公演の為、世のなかの為を考えれば、演奏会形式で自分が周りの為に貢献できる設定をするのは大事なことである。今回、どこまで行けるか…。