Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

発音記号

最近何人かのコレペティとしていて、改めて考えさせられたことがある。ディクションの際、発音記号を筆頭に辞書等の出典を何より頼りにする歌手がいる。しかし、そういう方々はほぼ例外なく発音が間違っているかそれなりの問題がある。一見真面目に発音を気にしているように思えるようでいて、実は一番発音に問題ある人種というわけである。これにはいくつかの要因がある。


まず単純に。発音記号とはその単語の読み方を記す共通の記号であるが、しかしそれは厳密には最低限度の記事順に過ぎない。というのも、基本的な読み方が分かったところで、それをそのまま読めば、その人の癖で読むことになる。要するに、いくら発音記号を正確に読んでるつもりでも、正確な発音を音として認識できていない場合、例えば日本人なら単に日本語発音にしかならないわけである。これでは、どんな有名な辞書、権威ある出典を参考にしたところで全く意味がないわけである。正確な発音とは辞書やネット等の出典から読み取ることも、また書面で伝えることも不可能である。やはり、現地へ行き可能な限りひたすら実体験でもって謙虚に学ぶしか菜と言うわけである。したがって、発音記号をやたらと意識する人、出典を何より信じる人は、真実とは程遠いことがほとんどである。日本では、例えばねと上ではそれがむしろ正しいような常識となっているようなところがあり、メディア等もそれに同じである。言いかえるならば、出典からメディアに至るまで、真実はほとんどないと言える。中身や深い世界に今日のない者はそれが全てとなるのかもしれないが、世の中本当に大事な必要なこと=真実は、目に見えない形のない者が多い。したがって、上記のように、例えば発音記号にとらわれている場合、少なくともオペラで使えるディクションになり得ることはない。なぜなら、音楽は真実だからである。


発音記号、参考の一部にするのは構わないが、あくまでそこまでにすべきである。音楽とは音を使った芸術、発音もやはり記号などの書面のものではなく、音として認識せねば全く意味がないわけである。