Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

立ち稽古

以前ヨーロッパの某音大オペラ科の立ち稽古を見た時のことである。ヨーロッパ各国から若い優秀な学生が集まり、わずかながら日本人もいた。その時に感じたことである。


もちろん皆学生なので誰でも未熟なところはある。しかしそれでもなかなか優秀な人材が集まっていたので、決して悪くはない。しかし残念だったのが、そんな流れの中稀に出て来る日本人が妙に浮いていたということである。というのも、明らかに取って付けた演技で歌と演技が全く合ってない、不自然なものであった。恐らく日本では優秀とされるのかもしれないし、むしろ日本では評価されるやり方なのかもしれない。しかしヨーロッパ人の中に入ると一目瞭然、明らかに違うわけである。


この辺に関してはもう何年も考え続けてきていることではあるが、まずはオペラに対する根本的な考え方とやり方の違いがある。同時にオペラに取り組む姿勢もある。そもそも民族性の問題でもあるのかもしれないが。どういうことかと言うと、ヨーロッパではオペラはまず音楽であり、楽譜から読み取り歌って表現する、そこに演技を入れるわけである。そしてオペラの演技というのは明らかにその音楽から出て来るものであり、結果論的には音楽と演技は同じ=一体化するものである。反面日本では、音楽と演技が別物である。というよりオペラを芝居として行い演技で作ってしまう傾向が主流である。ゆえに音楽と合うはずがない。この時点で音楽後回しという真逆なやり方になっているわけである。こういったことの違いから上記のような違いが生まれているわけである。他にもいくつかの要素があるが、とりあえずはここまでで。


結果できあがったものの違いを見ると、ヨーロッパ人は歌で聞かせて表現するという行為の中というか延長に演技が自然についている。日本人はその前に自分が動いて見せると同時にまず自分が楽しんでいる=やった気分になっている要素が強い。後者は表現というのとは厳密には違う。異文化のオペラをやるため最初はマネのようになっても仕方ないが、しかし日本ではオペラのみならず西洋音楽は趣味娯楽の一部に変になりすぎていて、ヨーロッパ人のそれのように心底没頭して表現する=仕事として命がけで行うという必死さが欠けると思われる。社会的文化的要因もあるかもしれないが、一つ言えることは、ヨーロッパと日本ではオペラの位置づけがまず根本的に違い、当然民族性=性格からその見据え方も行い方も違う、要するに全く別ジャンルでやり方が異なるということである。


立ち稽古の現場に行くと、いつも客観的にこういうことを考えてしまう。指揮者としてもコレペティトアとしても、それおれで求められるものが違い、当然必要とされる人材も違ってくるわけである。