Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

指揮者とピアノ

不思議な現実である。ヨーロッパを中心に指揮者とはピアノが弾けるというのは常識である。ヨーロッパの伝統的スタイルでは指揮者はまず劇場歌から、すなわちコレペティトアとして修業を始める。同時に指揮科に入るにもそれなりにピアノが要求される。名目上は日本で言う副科ピアノかもしれないが、しかしそも内容は極めてピアノ科に近い。もちろんピアニストを目指すわけではないのでピアノ科ほど求められるわけではないかもしれないが、いずれにせよカリキュラム的にはピアノ科に近い部分もある。そしてヨーロッパの音大では指揮科の学生が声楽や器楽の学生の伴奏をすることも頻繁にある。指揮者と言えばピアノを弾く人、むしろまずはピアノ、そんな人種である。


ところが、日本ではこれが全くない。むしろ真逆である。指揮者がピアノを弾くということに違和感を感じる方が非常に多いように思う。実際問題、ピアノを弾かない指揮者、ピノが弾けない指揮者がほとんどである。オペラの現場においても、指揮者は本指揮も副指揮も振るだけで弾かない。弾くのはピアノ科出身のピアニスト。このオペラの現場に関してはヨーロッパと特に真逆である。なぜそうなったのかは正直よく分からないが、とにかく指揮者とピアノは何かはっきりとした線が引かれている。そして指揮者はひたすら振ることを要求される。


これについて、自分の経験を書きたい。事あるごとに国内でコレペティが必要な場合、可能な限り自分で弾くようにしている。一部友人等にお願いすることもあるが、基本自分で弾いている。これにはもちろん理由がある。まず何より一番悪で能率がいいということである。テンポ等そのまま自分で弾けるし、歌手らへの指示もそのままダイレクト。誰か一人(ピアニスト)を通して行うと、時と場合にもよるし人にもよるが、うまくいかないこと、簡単に行かないこと、困難を極めることがよくある。特にピアノ科出身の方はオペラや指揮に関する教育を受けてこられてないので、よほど別途にちゃんと学ばれた方でないと基本的に難しい。それゆえに、自分で弾くと練習が一番やりやすく、音楽作りが一番うまく行くことは言うまでもない。これらが自分で弾く(弾きたい)一番大きな理由である。もう一つは、個人的に思うところだが、コレペティをやる指揮者=オペラ指揮者が少ない日本において、自分が実践することで何かしら役に立てればと思うと同時に、地味でも少しずつ知ってもらって広がってくれればというのがある。


これまでに何度か自らコレペティをして本番を振った公演があり、それらはありがたいことに成功してきている。しかしそんな中何人の歌手から言われたことがある。それは「指揮者にはやっぱり振って欲しい、振ってもらった方が分かりやすい」というものである。よく言うならば指揮者としての自分への評価とも取れるのでそこは感謝すべき点かもしれない。しかしこの考え方や見方は基本的には残念な現実である。と言うのは、振ってもらった方が分かりやすいと言うのは、実は人任せな部分が多いからである。例えば、テンポ、リズム、入りのタイミング、フレージング等、確かに振った方が目に見えて分かりやすいのは事実かもしれない。しかしコレペティをする具体的狙いは、それらを歌手と作り上げ歌手に実践する準備をするためである。しかし、そのような発言をするということは、その大事な作業に気づいていない、分かっていないということになる。確かに日本のオペラ界ではまだまだ知られていないやり方でもあるから違和感はあるかもしれないし、そもそも歌手とはその言う意味で不安を常に抱えている人種である。しかしながら、自分の経験上そのやり方で何公演も成功させてきていて、立派に歌い切って下さった歌手は何人もいる。ある意味自分のコレペティで至らなかった部分もあったのかもしれないが、それはそれで自分の課題として、指揮者&コレペティトアとしてそういう方々へ是非伝えたいのは、指揮に頼るのではなく、歌手自身が音楽を理解し掴んで自発的に自分の意志で持って歌えるようにという方向に行って頂きたい、その為のコレペティであるということ。声楽家の多くはこのように良くも悪くも頼ろうとしてしまう部分がある。これは指揮者やコレペティトアがサポ―トできる部分とそうでない部分がある。


話を戻して、お分かり頂けたと思うが、指揮者が自らピアノを弾く=コレペティをする、本当に重要なことである。これが指揮者の基礎である。オペラに興味を持つ指揮者が少ない日本ではなかなか浸透しにくい。また指揮科の少ない日本で声楽や器楽をある程度やってから指揮に転向する人もいる。その場合は確かにピアノは難しくなるかもしれない。もちろんピアノがうまい=いい指揮者ということはないが、しかし指揮者を志すならば前述の通りこの最重要基礎を避けてはもったいない。