Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

指揮者と演出家

日本とヨーロッパではそれぞれの立場とそれぞれの関係が大きく違う。ヨーロッパでは基本的には両者が同等の立場とされていて、当然両者がバランスよくうまくかみ合うことが一番である。しかし、日本では全く違う。演出家が絶対的最高地位なのに対して、指揮者はかなり立場も序列も低い。表向きには演出家に次ぐとされていながら、実際はそんなことはない。極端に言えばこれはヨーロッパと真逆と言える、ヨーロッパは両者のバランスではあるが、順序的に考えるなら、やはりオペラはまず音楽であるから指揮者やコレペティトアの存在が絶対的重要で、それはむしろ日本の演出家のようである。日本でのオペラはあくまで芝居でそれに音楽を付けたといった感じである。これは大間違いである。オペラは音楽があってのもので、音楽が支配している。芝居は後から演出家の腕によってつけられるものである。作業的には明らかに音楽が最重要と言えよう。


オペラはもちろん音楽と演技の要素があるが、ジャンルとしてはやはり音楽家が行う音楽のジャンルというのが基本である。後から演技や美術や照明など音楽以外の要素が加わるにせよ、根本的にメインになる存在は音楽家であり演奏家である。オペラ歌手は演技も求められるが、決して役者でも俳優でもなく、基本的には演奏家である。それを忘れたり無視したりして演技重視で行えば、当然オペラではなくなっていく。それをよく分かった上で指揮者も演出家もそれぞれの役割を果たさねばならない。近頃ヨーロッパでも稀に指揮者を超えようとする演出家がいるが、そうなってはオペラは壊れ始める。一つは最近オペラ指揮者のレベルが落ちて来て演出家の方がある意味充実しているのかもしれない。しかし演出家が独裁的になってはそれは音楽ではなく芝居のジャンルになってしまう危険性がある。その辺は演出家が分かってやらねばいけない反面、指揮者もしっかりせねば時代の流れに飲まれてオペラが壊れて行ってしまう。残念ながら現在実力的には演出家>指揮者になってきている。指揮者とコレペティトアが頑張らねばいけない時代が今来ている!