Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

長所が短所にされる現実

自分の経験である。現在進行形であるが…。自分は指揮者&コレペティトアになる以前、元々は日本の音大で声楽を専攻していた。その頃からすでに指揮者は志し本格的に勉強も始めアシスタント等からやり始めていたが、少なくとも日本の音大を出るまでは専門的に声楽の勉強をしていた。早い話が、現役で音大を出るまではプロの声楽家らと全く同じことをほぼ同じくらいやっていたと思って頂ければいいと思う。大学生活の後半はすでに卒業後指揮に専念することを決めてはいたが、決して声楽で手を抜いたわけではなく、むしろオペラ指揮者になるためにせっかくの機会と思い最後まで声楽もそれなりにやり抜いた。


こうして卒業後即本格的な留学準備に入り、指揮科、そしてのちにコレペティツィオン科に入り本格的にオペラ指揮者&コレペティトアへとなっていくわけだが、当然この声楽の専門的な経験、知識等は大いなる武器なわけである。声楽というものは専門的に勉強し研究しないとなかなか理解できない難しい分野である。特徴的なのは、楽器に当たる声を職人ではなく自分で作り上げること、そして演奏においても言葉が存在するということ。全てが手作りであり、演奏家の中で唯一直接言葉を扱うスペシャリストである。もちろんどんな楽器も専門的にやらねば分からないわけだが、声楽は色々な意味で独特である。当然、声楽を専門的に学んだ指揮者やコレペティトアは世界的にもほぼ皆無に等しい。指揮科のカリキュラムとして副科声楽があり、コレペティツィオン科の必須科目としてより多くの語学があったりもするが、しかしそれだけでは声楽で専門的領域ではない。


そういうわけで、自分の声楽的要素は当然仲間である声楽家らからは喜ばれることも多く、またその経験は指揮者目線ではなくプレイヤー目線をもよく知ることになるため、オーケストラのプレイヤーのことへも変換できるため、自分の長所がうまく生きれば歌手だけでなくプレイヤーからも喜ばれるものとなった。それが自分のあるいみ最大の武器でもある。多くの指揮者は声楽や声楽家に対する理解、同時にプレイヤー目線の理解等が欠ける場合が多いので、このような要素を持った指揮者はプレイヤーや歌手の指示を得るわけである。


しかし、指揮者の世界ではこれが逆転する。まず指揮者とはプレイヤーの目線を意識することは興味がないか知らないことが多く、皆をいかにして自分のやりたい方向にせるか、要するん自分が振って見せることばかりになってしまう。さらに、プレイヤーのそれだけならまだいいのだが、声楽的なそれになるとさらに大きな問題となる。これに関してはプレイヤー目線のように興味がないどころか、ほとんどが知らない。さらに、知らないだけならまだいいのだが、声楽的要素を持った指揮者は指揮者らから低く評価されてしまう。というのも、声楽家はテンポ、リズム、音感、読譜等、ソルフェージュ的な基礎力に欠ける人種とされていて、多くの指揮者はそれを強制すべく妙な正義感を持ち、歌手らをメトロノームにはめ込むべきと考え、ほとんどの場合それだけになってしまう。コレペティトアもそれに同じである。確かにそれは必要な要素であるが、しかしあくまである程度であり、ある程度を超えると歌手を潰してしまう。しかしそれは指揮者らは知らないわけである。それゆえに、自分を含む声楽に理解の強い指揮者というのは、多くの指揮者から下に見られてしまう。声楽の部分を長所と思いそれを表に出すと、ほとんどの場合「ふーん」となり、誰もそこに注目しない。もちろん歌手はそこに大喜びするわけである。なぜならそういう指揮者やコレペティトアはいないからである。


そんなこんなで、歌手やプレイヤーが喜ぶ指揮者やコレペティトアは存在しにくい世の中である。なぜなら、指揮者&コレペティトアが指揮者&コレペティトアを選ぶわけで、そういった要素を評価しないものがそういった要素を持たない者を選びチームを作り、それらを歌手やプレイヤーに強制するからである。もちろん、声楽家が持たない要素を指揮者が与えることも必要であるが、しかし指揮者が声楽家を理解するということはあまりにあんされてなさすぎである。その結果今日はオペラの音楽レベルの低下が著しい。自分のみならず、そういった指揮者目線だけでなく、声楽家やプレイヤーのことをよく理解して実践できる指揮者やコレペティトアがもっと認知されて欲しいと切に願う。