Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ジャンルが違う

日本の声楽界で起こっている独特の現象、それは芝居をやりたい人がオペラへ進み、音楽をやりたい人はリート系に進むか場合によっては辞めてしまうということである。純粋の音楽をやりたい者で、リートに興味があればまだいいが、そうでなければ何もできなくなってしまう。本来声楽家=演奏家のジャンルなオペラが、なぜか無理やり芝居のジャンルにされてしまっている。ゆえに、オペラは演技で見せる物で歌で聴かせるものではないとなっている。これは自分が知る限り日本独特の現象である。


そもそもなぜそうなってしまったのか、原因は分からない。ヨーロッパ数ヶ国を見た経験上言うと、オペラが芝居のジャンルに考えられるということはあり得ない。一部の三流演出家がオペラを芝居のようにしたいということはあるにはあるが、そういう演出家はあくまで三流である。また音楽を統率する指揮者の存在がヨーロッパでは強いが、日本ではそれに比べると皆無に近いこともよくある。おまけのごとく。


一つ考えられるのは、日本人は基本的に芝居好きである。確かに輸入ものの西洋音楽より自分たちでも理解しやすい芝居に傾倒するのはある意味必然かもしれない。ゆえに終えpらをやる場合、音楽には興味がなく、もしくは理解できず、芝居に走ってしまうのかもしれない。真似のうまい器用な日本人は、それで一見それっぽくできてしまう。しかし、オペラ歌手の演技力は本物の芝居の専門家からすれば全然である。それも仕方ない話である。オペラとは音楽の流れの中で演技をするもので、芝居同様の演技を無理矢理その音楽ゐはめられるものではない。しかし無理やりはめ込んでしまうどころか、演技に合わせて無理やり音楽を添えるという極めて不自然なことをしてしまっている。そうなってしまては演技不能状態となり、変に見えても仕方ない。それでも尚多くはそのやり架兄こだわってやり続けてしまう、自己満足の世界にはまり込み抜け出せなくなっているようである。


ではなぜ音楽主導で誰もやらないのか?これは自分も聞いた話だが、ほとんどのオペラ歌手は演技がないとおもしろくないと言う。それならばオペラを辞めて本物の芝居に行けばいいと思う。オペラの演技は芝居の演技とは違うわけで、芝居がしたければ芝居をやればいいわけで、音楽をやりたい人がオペラをやればいい。音楽でオペラを表現できる人が、それに必要な演技をしっかりつければいいわけで、芝居をひたすらやってそこに音楽を付けるというのは真逆な話で、完全なる冒涜とルール違反である。その前に不可能な話である。こうなったのいは日本人の民族性もあるかもしれないが、やはり教育の問題もあると思う。全体的に言えることは、未だオペラが正しく理解されてないと言うこと。いや、ひょっとしたらかつてはされていた時期があったのかもしれない。それが時の流れと共に変わってしまったのおかもしれない。ヨーロッパと日本の行き来していて、オペラの認識ややり方の違いが日に日に進行しているような気がする。


このように、本来ジャンルが違うオペラと芝居がごっちゃになるどころか、オペラを芝居としてしまっているというすさまじい時代になっている。冷静に考えると、芝居は芝居、オペラは芝居、ではオペラは?というわけでオペラがなくなっているかのようである。演出等があるにせよ、あくまでオペラは音楽のジャンルであることを忘れてはいけない。