Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

日本におけるコレペティ事情

日本にはヨーロッパのようなオペラ劇場は残念ながら存在しない。文化、歴史、と言われればそれまでである。とは言え、新国立劇場などわずあではあるが日本での可能性の中産まれた劇場も最近はある。そしてオペラ団体、オペラカンパニー等、体制やレベルなどの違いはあれど全国に結構ある。


オペラ団体があるなら、当然指揮者もコレペティトアも必要ではあるが、ここがやはり文化、歴史の違いであろう。指揮者こそ辛うじて存在しているが、コレペティトアは基本存在していない。最近は日本人でもヨーロッパの劇場で研鑽を積んだり仕事をしている者も少しずつ増えて来ているので、国内でも新国立劇場などを筆頭にいくつかの団体や教育機関に何人かは存在している。しかし民間オペラ団体レベルともなるとほぼ存在しない。では誰がその位置にいるかというと、ピアノ科出身の伴奏ピアニスト等である。日本ではそれを練習ピアニストと呼んでいるが、これをコレペティトアを思い込まれているケースも少なくない。が、練習ピアニストとコレペティトアは全く違う。


その前に、日本のオペラ界の現状である。新国立劇場等の一部のトップ機関を省いた日本のほとんどのオペラ団体で、ほとんどのオペラ関係者で、オペラ=芝居とされている。しかし本場ヨーロッパではオペラ=音楽である。同じものをやっていてどうしてこうまで違う解釈になるのか。理由は色々あると思うが、これは難しい問題である。結果的に言うならば、オペラは総合芸術と言われている。音楽があり、舞台があり、美術があり、文学があり、多くの芸術が結集した舞台作品である。しかし一番の根本にある土台を考えてみよう。オペラが作られるにはまずその題材があり、それがオペラの為に脚本化され、音楽が付けられて出来上がる。ここで一番中心になるのは紛れもなく作曲家である。作曲家が音楽を付けたことによりオペラとなりえるのである。そして上演する時には、その音楽をまず仕上げた上で動き等が付けられて、舞台装置等が加わった結果上演へとつながるわけである。このことから、オペラは芝居や美術等の要素が後から加わるとは言え、常に音楽に支配されていることが分かる。要するに、オペラとは舞台作品である以前に音楽作品である。なぜなら、W.A.モーツァルトの”フィガロの結婚”と書かれ言われるわけで、ダ・ポンテ(脚本家)の”フィガロの結婚”とは書かれないし言われないわけである。もちろんプログラムにはダ・ポンテの名前も書かれるであろうが、誰もがこれをモーツァルトのオペラと認識している。さらに言うならば、プログラムや公演案内等には、よほどの例外がない限りまず指揮者の名前が書かれ、続いて演出家の名前が書かれる。どっちが偉いかではなく、もちろんいずれも重要であるが、基本的に”まず音楽”という歴史的認識であろう。これらは誰が何と言おうと世界の歴史上の常識である。


ではなぜ日本ではオペラは芝居化しているのか?色々あると思うが、主な理由と思われるものをあげてみる。まずは異文化ジャンルと言えばそれまでかもしれないが、まずオペラとはヨーロッパで生まれた芸術であり、当然題材もヨーロッパの歴史、神話等からきているものも多く、何よりヨーロッパの言語による。この時点で理解困難なことは確かであるが、基本的に感覚や思想等はヨーロッパ人と日本人では全然違うわけである。国は違えどヨーロッパ圏内ならまだ通じやすいこともあるかもしれないが、東アジアの島国の我々ではさすがにあまりに違いすぎる。となると、ヨーロッパ人のそれではなくやはり自分たちの感覚でとらえてしまうところから始まるのは仕方ない話である。良い悪いではなく、知ってるか知らないかの話であり、仕方ない普通のことである。今日多くの日本人がヨーロッパへ留学し、演奏活動もしている。そして以前よりかなりヨーロッパのそれは伝わってきているが、しかしなかなか難しい話である。


まずはこの違いと切り替えの難しさが前提として考えて頂きたいのだが、それでいて日本は元々型文化で見栄えや形を重視する人種である。それゆえに姿、形のある美しいものに惹かれやすい人種である。それゆえに、日本人は元々芝居は大好きである。そしてオペラが入って来た時、姿、形のないヨーロッパ的感覚の音楽を理解するのはすぐには難しいわけで、目に見えて分かりやすい芝居や舞台にまず興味が行くのは必然である。それゆえに、日本人的にはオペラを音楽というより芝居として解釈してしまった、というよりしたかったのかもしれない。そしてオペラ劇場のなかった日本には当然オペラ指揮者という役職は存在しなかった。しかし日本にも芝居は前々からあったわけで、結果オペラが日本で広まり始めてからというもの、当然オペラ指揮者誕生よりも前に演出家の方が出て来たのである。となると、そのまま芝居小屋的空間が出来て行ったのは日本の社会においては普通である。


では、オペラは指揮者はどうかというと、残念ながら劇場がないため仕事としては基本的に需要も供給もないわけである。しかしオペラ公演は行われるわけで、誰かが振らないといけないわけである。ヨーロッパからオペラ指揮者を呼ぶという方法もあるが、今よりもそれが難しい時代であったであろう。それに言葉の問題も大きい。当然日本にも指揮者はいるわけだが、日本人指揮者とは20世紀から少しずつ出て来て、戦後どんどん増えて行ったわけであるが、劇場はなくともオーケストラはすでにいくつも存在したわけで、さらには高度成長あたりから国際コンクールに入賞する日本人指揮者もどんどん増えて行った。ゆえに、日本人の認識では指揮者=シンフォニー指揮者であり、オペラ指揮者というジャンルが知られて登場したのは現実問題かなり後になってからである。そんなこんなで、オペラ指揮者がなかなか出てこない、ということは当然コレペティトアも出て来るわけがないのである。しかしこれまた誰かが弾かないといけないわけで、そうなると必然的にピアニスト=ピアノ科出身者又はピアノが弾ける人、となったわけである。


こうして日本のオペラ界は、かなり長い間演出中心で、指揮者はどちらかというと後付け的立場、副指揮者(アシスタント)や練習ピアニストはさらに後付けというわけである。演出家中心ということで、同じアシスタント的立場でも演出助手の立場は決して悪くない。近年はオペラ指揮者やコレペティトアの存在が当時よりかはいくらか意識されては来ているが、しかし未だに長らく続いてきているこの日本オペラ界特有のシステムは根強い。それでは残念ながらオペラ指揮者もコレペティトアも育たないし、当然オペラのレベルは上がるわけないどころかさらに間違った方向に行ってしまう危険性が極めて高くなる。


参考までにヨーロッパの劇場のシステムについて少し触れておく。音楽チーム、演出チーム、いずれもしっかり存在している。日本のオペラの現場的視点で考えると、ある意味音楽面が相当しっかりしているか強すぎるように感じるかもしれない。ヨーロッパの劇場の音楽チームは、音楽総監督(GMD)から専属指揮者(Kapellmeister)などコレペティトア(Korrepetitor)まで人材が揃っており、音楽練習開始から上演に至るまで全てを支えるシステムがある。舞台稽古開始以後を支える演出チームも当然しっかり存在している。このシステム等については話せば長いのでまた機会を改めるが、日本ではヨーロッパのそれと比べると音楽チームが異常に欠けているということが経験ある方なら理解できるであろう。


これらのことから、日本ではコレペティトアは存在する理由も、誕生するきっかけも長らくなかった。当然教育機関も指導者もいない。今日多少増えては来たとは言え、オペラ指揮者と共にまだまだ未開発状態である。しかしながら、人数こそ限られるかもしれないが、最近は日本人でも優秀なオペラ指揮者やコレペティトアが存在していることも事実である。そのほとんどがヨーロッパの劇場等で活躍し帰国していないが、日本人でもしっかりと修行し実力をつけた人材がいるということはすごいことである。残念ながら日本国内ではまだそういった人種は仕事として成り立たない社会なため帰国して活躍するのは至難の業かもしれないが、いつの日かそれらがもっとよく機能できる日が来ればいいなと願うばかりである。