Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

声楽の間違った勉強の仕方

先日学友の声楽レッスンの伴奏に行った。約2時間弾いたが、元々声楽をやっていて、また学生時代から声楽の伴奏を数多くこなしていたため、久しぶりに何となく懐かしい慣れた空間だった。そんな中、久しぶりにおもしろかったことがあった反面、どうしようもない現実を再確認した時間でもあった。


日本の声楽教育では当たり前のように普通のことだが、ものすごく間違った違和感のあることが2つある。それは、まず楽譜に歌詞の意味(対訳)を日本語で書き込むこと。それとその歌詞を日本語で朗読させるということである。


まず楽譜に日本語を書き込むこと。これは我々オペラ振りからすると、頼むからやめてくれということである。なぜなら、そうしてる時点で最後まで日本語の枠から離れられない、すなわち西洋音楽であるオペラになりえないと言ことである。もちろん日本人歌手はその言葉がある程度話せない限りまずは日本語意味を理解するしかないのだが、それは勉強を始めた最初期に段階、もしくはその曲に取り組む最初の段階であり、レッスンぐらいの段階以降ではすでに離れている過ぎ去っているレベルである。目的地の最寄り駅も分かってないのに家出て電車に乗らない、それと同じで内容分かってないのにその曲をレッスンとは言え人前で歌えないというわけである。要するに、レッスン時や練習時に日本語の書いた楽譜があるということは、未だに素人レベルでやってるということであり、オペラ振りからすると全く信頼できない学生以下レベルということになる。歌詞を日本語で勉強する、最初は仕方ないにしても、せめて別の紙に書くリブレットを利用するして、楽譜には日本語を一切書かずにいるべきである。そうでないと高いレベルには当然行けない。日本の声楽の先生は未だに弟子に楽譜を入試下後まずすぎに日本語を書かせる。これをすぐにでもやめないと日本の声楽家に未来はない。


それから、日本語で歌詞を朗読することである。まず歌詞を朗読するということ、自分の経験上日本でしか見たことがない。ヨーロッパの声楽家には歌詞を読む訓練の授業があるが、それは舞台で使える正しい言葉や発音の為の基礎訓練であり、日本で言う朗読ではない。日本語で朗読するといいうことは、前記とかぶる部分もあるが、まず日本語の枠にはまってしまうということ、解釈、考え方、伝え方等が全て日本語の感覚のままとなってしまう。その感覚そのものを原語に切り替えることが大事なのに、このやり方では無理やり日本語芝居を取って付けたに過ぎないわけである。現地人は普段話している言葉そのものとおう利点はあるが、そもそも変に取って付けたように作るという風にはしない。むしろいかに自然にやるかを大事にする。この歌詞を朗読すると言うのは日本独特であろう。


というわけで、未だ変わらぬ日本の声楽教育の問題点であった。これが全てではなくまだ色々あると思うが、とりあえず代表例の2つと思って頂きたい。これからどうなっていくのであろうか…。