Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ルサルカ登場人物~水の精

ルサルカに出て来る重要役の水の精、チェコ語ではVodník(ヴォドゥニーク)。バスかバリトンが歌う渋い役で、物語全体の進行役的要素を持つ、ある意味主役以上に主役です。水の精という響きからすると日本人的には美しい妖精的なイメージがあるかと思いますが、確かに種類的にはそれで間違えありませんが、このオペラの場合のこの役では、水の精の中の長老として登場するため、バスやバリトンで歌われております。そもそもルサルカというオペラ自体が基本的に水の精の世界の話。主役ルサルカはその世界の若い女性、その世界の長老がここで言うVodníkというわけです。風貌的には全身緑色、これは藻のイメージだと思われます。川や湖の底に長年ある石が藻で覆われて緑色であるように、長老のVodníkも緑色というわけです!

チェコ人から聞いた話ですが、Vodníkとは恐ろしい存在のようです。川や湖に船で繰り出すと、水の中から現れてさらわれる(引きずり込まれる)、そんな恐怖感を持っているらしいです。日本に無理やり例えると河童?しかし河童の方が何となく間抜けなイメージが加わっているように思いますが…。決してVodníkは皿をかぶっていません(笑)

写真は、オペラのルサルカでVodníkを歌うEdurard Hakenという歌手の写真。彼は往年の名Vodník歌いだそうで、自分も敬愛しておりますwこの写真のルサルカのCDもDVDも出ております、お勧めです♪続いて、チェコでの基本的なVodníkのイメージらしい写真、キャラクター的に表現されたVodník人形です。